漫画

デビルマン最終回ネタバレ!美樹の最後は?永井豪ラストをどうする?結末を考察

Pocket

漫画の永井豪先生はご存知かと思います。

「ハレンチ学園」「マジンガーZ」「キューティーハニー」などの少年漫画の世界に性やバイオレンスの表現を大胆に取り入れ、大きな影響を与える。

また、ナンセンスなギャグからシリアスな劇画まで幅広くこなすという点でも異色な存在ではないでしょうか?

永井豪先生の最高傑作の一つである作品が「デビルマン」。

テレビアニメ版が1972年7月から1973年3月まで放送されます。

漫画版も同じ頃で1972年6月から1973年6月まで連載されました。

漫画版のテーマは「ホラー」で、古典的なホラーからモダンホラーまで様々な要素が見られます。

強烈なストーリーで、後世の作家にも影響を与えている。

「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明は「デビルマン」からの影響をインタビューで語っていました。

壮大なスケールでえがかれた「デビルマン」ですが最終回について疑問に思っている人もいるようです。

「デビルマンの最終回はどうなってしまうのか?」

「デビルマンの最後はバッドエンドと聞いたのですが、どんなラストだったのでしょうか?」

また、ヒロインの美樹の死亡について悲惨、トラウマなどの意見があります。

「デビルマン」の最終回はどう受け止められているのでしょうか?

ヒロイン美樹の死亡はどのシーンは恐ろしいのか?

悲惨、トラウマなど様々な物議がある「デビルマン」について考察していきます。

 

デビルマンは悲惨、トラウマなのか?

漫画版のテーマは「ホラー」で、古典的なホラーからモダンホラーまで様々な要素が見られます。

また、永井豪先生の描きたいというテーマを深めたいという希望を編集部が同意したことなどから、連載を経るごとに黙示録的な大河要素のある構成へと変遷していった。

デビルマンはどの様なストーリーなのでしょうか?

 

デビルマン誕生

主人公の不動明は、父の友人でガールフレンドの美樹のいる牧村家に居候している。

ある日、親友の飛鳥了から地球の先住人類デーモン(悪魔)が200万年の眠りから目覚め、地球を人類から奪い返そうとしていることを知らされる。

デーモンの研究をしていた了の父親がデーモンに合体能力があることを知り、自らデーモンと合体して心を支配される前に自殺したことを知らされた。

そして、明はデーモンと合体しその超能力でデーモン族と戦う事を持ちかけられる。

了と明は、了の自宅でサバト(ヨーロッパで信じられていた魔女あるいは悪魔崇拝の集会)を行う。

明は、サバトで無数のデーモンに襲われ恐怖で理性を失った瞬間、デーモンのアモンに憑依される。

しかし、デーモンの意思を正義の心で抑え込み、悪魔の体と人間の心を持つデビルマンとなった。

デビルマン誕生!

デーモン族はデビルマンとなった明を倒すべく、次々と刺客を送ってくるが明はデーモンを倒していく。

やがてデーモン族は人類に宣戦布告し、総攻撃を仕掛けてきた。

デーモンは無差別合体の自爆攻撃で人類はパニック状態になる。

明は了の制止を振り切り、単身でデーモンに戦いに挑むが力尽き倒れてしまう。

とどめを刺されようとした時、デーモンの神である大魔神サタンの意思が伝えられた。

「デビルマンを殺すな」、サタンの意思により明は解放された。

一人の力では戦えないと悟った明は、無差別合体で生き残りデビルマンとなった者たちを集めてデビルマン軍団を組織しようとする。

その頃、世界的な学者が「悪魔の正体は現代生活に不満を持つ人間である」と大きな勘違いを発表した。

悪魔狩りの名の下、罪のない人々が政府によって殺害されていく事態となった。

 

大魔神サタンの正体

こうした事態が自分の思っていた通りに進んでいる事に違和感を感じた了は、事の発端を再確認するために自宅に戻る。

そこで了は、父親が悪魔の研究などしていなかった事、自分は少年の時に交通事故で亡くなっていること知る。

衝撃の事実に混乱しているとデーモン族が現れ、迎えに来た事を告げられた。

数日後、了はテレビで明がデーモンと合体した映像を公開し人々を扇動させる。

「無数の悪魔が人間に成りすましているので殺せ」人間の恐怖心を煽った。

正体がばれて牧村家を出ざるを得なくなった明は、了を探して問い詰める。

了は「明とデーモンと合体を合体させたのは、人類を守らせるためではなく、次のデーモンの時代で共に生きたかったためだ」と告げた。

明は、了がサタンであることを悟る。

 

デビルマンは黙示録なのか?

やあ諸君とうとうここまでわたくしの話を聞いてしまいましたねぇ

わたくしこと不動明が親友飛鳥了の家の門をくぐったとき「地獄」がまちうけていたように「あなた」にも

ここまで不動明の物語を

ただの作り話として聞いてきた「あなた」にもこれからわざわいがふりかかるのです。「地獄」が待ちうけているのです。

なぜならこれから待ちうける「地獄」はわたくし個人のドラマではありません

日本人全部がまきこまれてしまうのです

「あなた」も例外ではない「あなた」も参加するのです

そして「あなた」は

デビルマンの後半は不動明のこの語りからスタートしました。

 

ヒロイン惨殺される

「悪魔の正体は人間だ!」

「現代社会生活の不満が増大した結果...そのやり場のない不満を別生物になることでみたそうとしたのだ!

現代社会に不満を持つものを殺せ!

悪魔の因子を抹殺すれば悪魔は消える!」

世界的に有名な生物学者の恐ろしい勘違いにより人間同士で殺しあうようになってしまった。

政治的不満や人種差別などのあらゆる理由によりで悪魔の疑いをかけられ殺される。

世界各地で戦乱の嵐が巻き起こった。

緊張関係にあった国どうしは戦争の火ぶたをきり...そうでない国では内乱がおこった。

世界に平和な国はなくなっていった。

更に、飛鳥了の裏切りで、明がデーモンのアモンと合体しデビルマンに変身するところをテレビニュースで流される。

これによって牧村夫妻は政府の対悪魔用に組織された「悪魔特捜隊」に連行され、拷問されたのち惨殺されてしまう。

美樹とタレちゃんは自宅に残っていたが、近所の住民たちが暴徒となり襲ってきた。

自宅にいた不良達と抵抗するが、全員八つ裂きにされ惨殺されてしまう。

明は、八つ裂きされた首、手、胴体を串刺しにして騒いでいる近所の住民を見てデビルマンに変身し、怒りの炎でそこにいた住民や全てを焼き尽くし、美樹の首だけを持ち出した。

全てを失った明は人間を守ることはやめて、大魔神サタンとなった飛鳥了にデーモンかデビルマンか地球の覇権をかけて、サタン率いるデーモン軍団との決戦を決意する。

 

デビルマンの最終回は...

それから20年の時が流れた...

かつて地球上をわがもの顔であるきまわった人間はすでに死に絶えていた...

やがて無限の荒野となった大地にデビルマン軍団が集結した。

やがてくる大魔神サタンの率いるデーモン軍団をむかえ討つため。

黙示録の世界が始まろうとしていた...

最終戦争(アーマゲドン)それは飛鳥了と不動明の愛と憎悪の戦いだった...

アーマゲドン

そして戦いが終わり、横たわる明の傍らでサタンは語った。

かつて地球を支配していたデーモンは創造主たる神に滅ぼされようとした。

それを反発したサタンがデーモン側について戦って勝利し、次の神との戦いに備え永い眠りについたこと。

目覚めたとき、人類が地球を荒らしていたので許せず、それを滅ぼそうと決めたこと。

しかしそれは、神が行おうとした愚行と同じでしかなかったこと。

話を終えたサタンは明に謝罪するが、半身を失った明はすでに息を引き取っていた。

明を弔ったサタンが静かに涙を流す。

そこには「天使の軍団」が迫ってきていた。

 

まとめ

デビルマンの最終回が悲惨、ヒロイン死亡シーンがトラウマについて調べてみました。

「世界的に有名な生物学者の恐ろしい勘違いにより人間同士で殺しあうようになってしまった。」

このシーンは現代のSNSの炎上と同じ様な事ではないでしょうか?

永井豪先生はデビルマンの物語をこの様に例えていました。

悪魔を「軍事力」、不動明を「日本」、悪魔の無差別合体は「徴兵制」、美樹の死亡は「平和の崩壊」。

そして、デーモン軍団を軍事大国、飛鳥了を日本と同盟関係にある軍事大国と例えていました。

近年、多くの国が軍事力を強め世界中が危険な方向に進んでいるように思います。

このままでは、デビルマンの最終回と同じ様に悲惨な事が起きてしまうのではないのでしょうか?

このデビルマンのトラウマ的な話が現実なものとならない事を祈ります。

永井豪先生もこの様に書かれていました。

「デビルマン」が世界を終末へと導く「世紀末戦争」の予言の書の一つなどにならず、単にSFファンタジーの世界の中だけであることを平和を愛する一個の人間として心から祈るものです